カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

smile

Author:smile
ヨーキーと生活しています。
ワン好きな方といろいろな交流が出来たら良いなぁ~と思っています。
よろしくネ♪

お誕生日まで
簡易型犬の年齢計算機
最近の記事
365Calendar
カウンター
趣味の本たち
blogアップ情報(全部アップ出来ないの、どうして?)
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


 
--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月29日(木)

なんだかなぁ・・・

このテーマはワンの事ではないです
ちょっと前から引っかかっていたことなんだけど・・・
blogめぐりをしてたら、ワンのblogでも結構その時のことを記録として記している方が
いらっしゃったので、私も記録として・・・つれづれに。。。

脚本タイプにしてみようかな???(脚本タイプになってないなぁ・・・)

【登場人物名 と いでたち】
 ロンドンブーツ1号:60代のおばさん
 ロンドンブーツ2号:60代のおばさん
 劇団ひとり:50代のおばさん
 島田紳助:50代のおばさん
 ムーディー勝山:40代のおばさん
 プランナイン:仲の良いワン友さん達
 小島よしお:主役の私

【シーン1】
 ●状況:ロンドンブーツ1号と小島よしおの絡み
 その昔(って言っても一年半前)、ロンブー1号とは仲良しだった小島よしお。
小島よしおのワンは病弱で手術を2回も受けた。
1回目なんて保険入って無かったから30万円以上かかった。
小島よしおは飼う時 「何があっても最後まで看取ろう」 と決心
少々家計に響くが、幼い(5ヶ月)の身体で痛がっている様子を見ると
後遺症が残っても今出来ることをやってあげたい一心だった。
 そんな話しをしたら、、、ロンブー1号はこう言った
「私なら、とっくに保健所に渡し、新しい犬を買うわ! もっといい犬が買えるよ!!」
最初はびっくりした。発言を良い方に捉えようと試みていた頃の小島よしお

【シーン2】
 ●状況:ロンブー1号との別離
 シーン1以外にもロンブー1号発言に驚かされる事が一杯あり、ワンに関し考える
事が多々あった日々を送る小島よしお
エピソード。自分のハイテンションな犬を押さえられず「この子はバカだから」と言う。
エピソード。自宅ではほとんどケージに閉じ込めっぱなし。理由は「出すと布団の上で
おしっこやウンチをするから」
エピソード。「前に飼っていた犬は買い物中に盗まれたの~~~。血統良い犬だったんだけど・・・」 「警察とか保健所に届けたの?」 「いいのぉ~ 家の中でおしっこしてたし、
トリミングにも連れて行かないとイケなかったし・・・」
3歳だったら、必死に探すはずなんですけど・・・
もてあましてたのかなぁ?? 誘拐されたワンはその後幸せな生活送ってるのかも・・・?!
エピソード。他のワンを見ては「バカ犬やなぁ」
小島よしおはだんだん辟易してきた。
そろそろワン友関係のけじめをつけなくっちゃ!というある事件が起こり(これは長すぎて割愛)別離を迎える

【シーン3】
 ●状況:ロンブー2号が1号の友になる
同じ犬種であることから、2号が1号と仲良くなる

【シーン4】
 ●状況:警察事件
ロンブー1号2号は、公園でノーリード。子供達が追い掛け回されている
そのうち、警察官が「ノーリードにしてませんでしたか?」と巡回するようになる
ロンブー1号2号は警察官が来た時に、いつもタイミング良くいなくなるので、
プランナイン達は我が家のワンとボールで遊ぶことが出来なくなる。
実際、女の子の親が目の前で追いかけられた娘を見て、警察に届けたという話しを
別のプランナインからも聞いた小島よしお
子供達が泣いて逃げているのに、ワンを放す事をやめない1号2号に、小島よしおは
正義感で注意を促す
ロンブー1号2号「訓練してるんやから、放すのは仕方ないでしょ~」
小島よしお「ロングリードをつけてすれば良い事。どうしても放したいなら、有料の
ドッグランにいけばどうですか」
この後、お金をケチるな!みたいな事を小島よしおが言ったら、めっちゃ切れしたロンブー2号
(ロンブー1号2号には反省という言葉がないようだ)

【シーン5】
 ●状況:ロンブー1号2号の嫌がらせ始まる
 ロンブー1号2号と仲良しの劇団ひとり
劇団ひとりが、島田紳助にこう言ったらしい
劇団ひとり「小島よしおが島田紳助の悪口をみんなに言いふらしている。気をつけたほうが良い」
島田紳助「小島よしおは良く知っているが、私の悪口を言うような人では無い。そんな話誰から聞いてきた?」
劇団ひとり「・・・」
劇団ひとりがロンブー1号2号の会話を聞いて話したのか、グルなのかはわからないが。。。
島田紳助が小島よしおに直接話してくれた。
島田紳助「何があったかは知らないけど、変な挑発には乗らないようにしよう」
小島よしお「そうやねぇ・・・」
いい歳したオバハンが醜いねぇ。小島よしおは綺麗に歳とりたいなぁ

【シーン6】
 ●状況:引越し事件
 小島よしおと仲の良かった”とある方”。 引越しされました。
この引越しも疑問をかもし出しています。
ムーディ勝山「引越しの原因はあなたかも・・・」
小島よしお「えぇ~~~??何で私が??」
この意味深発言は一回だけだったんだけど、それから怖くて小島よしおは聞けません
---って言うより、引越しした後、今更誰に何を聞くネン
ムーディ勝山も、ロンブー1号と話をする仲
疑ってかかる小島よしお。 嫌がらせ事件再燃か??
”とある方”に直接メールで聞いても良いが、今更。
”とある方”が誰かに理由を話しているとして、小島よしおが原因なら、私に直接言うか
全く言わないかのどちらかにして欲しかった
”とある方”にも疑ってかかる小島よしお

【シーン7】
 ●状況:最終章
 ワン繋がりで人間不信になってはいけない。
ワンが来て、人間関係も広がった。全てに手を広げることは無理なので、
どこかは断ち切りながら、新しい道に進んでいかないといけない
ワンと生活を始めて「ワンが好き」と言っている人にも色々な人がいることがわかった
アクセサリー感覚。友達感覚。分身感覚。etc.
色々な人がそれぞれの環境で生活してる。結構!
ただ、他人には迷惑をかけないように、気持ちよく暮らしていきたい
前を向き、歩き続ける小島よしお(元気良く、オッパッピー

内容が内容なので、コメントは無しネ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。